インスピレーションって?

2021/09/25

よく”インスピレーションを受ける”などと言いますが、一体それはどんな作用なのでしょうか。何かがパッとひらめく感じだと思いますが、脳内で起こる何らかの化学反応なのか、はたまた天からのお告げなのか…?おそらくいくつかのパターンがあって、人によっても受け取り方や、そのルートも様々かと思いますが、そのうちのひとつとして、もしかしたらこんなパターンもあるのかな、という出来事があったので書いてみたいと思います。

ある日散歩をしていた時のこと。住宅街の中に作られたコンクリートの小道を歩いていたら、一匹のイモムシさんが立ち往生していたのです。どっちに進んでいいか、ウロウロと決めかねている様子。その小道の中央にはコンクリートの継ぎ目から草が生えていて、そこへ行こうかどうしようか、という感じでもあったのですが、明らかにそこは危険がいっぱい。もしかしたら踏まれちゃうかも?俯瞰して見えている立場からしたら、その中央の草に何のメリットもないのです。そのウロウロしている様子から、どうしてもそこへ行きたいわけでもなさそう…ということで、草がたくさん生えていて安全そうな道端への道筋を、なんとなく示しながら眺めていたら、急にシャキッとなって、一直線に道端の草地を目指して進み出したのです。

それを見て、あ、もしかしたらインスピレーションってこういうパターンもあるのかも、というインスピレーションを得たのです。自分よりも俯瞰して見える視点というのは、今ここに折り畳まれているであろう高次元の世界には常に存在していて、そこからどう見えているかはわからないけれど、そこで何か当たり前のように感じたり思ったりした波動みたいなものがここに届いていて、思考以外でのルートでやってくるように感じる答えは、そういった類のものなのかもしれないなと。

私たちが日々何かを思いついたり、行動を起こしたりする背景には、無数の見えないネットワークがあって、それは意識するしないに関わらず、影響を受けているものだったり。「自由意志はない」という見方があるのも、そのように自動的に動かされているように感じる場面が多くあるからかもしれません。

逆に言えば、そういう深い意味のないインスピレーションもあることがわかっていれば、自分の意志で受け取るかどうかを決めることができるものだと思います。あのイモムシさんみたいに、どうしよう?!危機感!!みたいな時には、選択の余地がないだけであって…。自分がどこへ行きたいのか、何をしたいのか?それがわかっている状態ではまた、つながるネットワークも変わってくるのだろうな、と思ったりもします。…とそんなお話でした。